しぇりるの戯言。

こんなざれごとに まじになっちゃって どうすんの
<< U-don | main | いpほね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インフルエンザ
やられました。生まれて初めてかもしれない?

それは、先週の水曜の出来事。。。
朝電車を降りた時に、ふと違和感を覚える。
なんか視界が歪んだ気がするなあ。と思いながら、そのまま事務所へ。
正午を迎えるころ、咳が出始め、風邪引くのも今年度2回目だなあと思っていました。
午後からは別の事務所へ移動して業務続行、その日は終電で帰着。

帰るころには、体がだるーくなっていましたので、熱を測ると、38.2℃。
まあ良くあることです。寝ておきたらきっと平熱に戻ってるんだ

なんて思いながらベッドに入り込み、翌朝。
見事に体温は36.0℃。まったく都合のいい体だこと。
でもまあ、風邪ひどくなっても嫌だし、午前休もらって病院へ行くことに。

医師に症状を告げると、一応インフルエンザじゃないかの検査はしておこうという話。
ベッドに横にされ、細い綿棒のようなもので鼻の中をグリグリ!これが結構痛い。
結果は、インフルエンザではないとのこと。うん、熱出てないしね。
とりあえず、疲労から来てると思うから、点滴しておく?と聞かれ、お願いします。
点滴終了後、薬をもらって、退散しました。

その日の夜、凄まじい頭痛と、39℃近い熱に襲われましたとさ。

めでたしめでたし。

その夜は、体の渇きと、熱と寒気と頭痛で一睡もできず・・・
インフルじゃないって言われたけど、
これじゃ治らんわなあ…明日もう一回病院行ってみよう。
などと考える余裕もなく、苦しみました。呼吸をするのもしんどい。
寝ようとしても寝られず、ちょっと意識がなくなったと思っても、
時計を見たら10分くらいしか経っていなかった、なんていう長い夜を過ごしました。
アクエリアス500mlでは、ぜんぜん足りなかった!

そうこうしている内になんとか朝は来てくれました。
頭が痛くて、目を開けるのもつらい中、フラフラしながら再度病院へ。

病院がある階へ登るエレベータのドアが開いたそのとき、フラフラの僕の目に、
エレベータのど真ん中に置かれた鞄とブーツ(片足)が映りました。

「なんでこんなところに・・・」

と考えたのもつかの間、エレベータのドア側隅っこに何かが蹲っているのが目に飛び込んできました。

ブーツを抱えてナデナデしている女性・・・髪で顔が隠れて見えない・・・
漫画のように片足が後ずさりして、完全に思考停止する僕。

とりあえず、エレベータのドアを押さえ、10秒ほど思考停止したあと、

「酔っ払い・・・?」「体調不良?」「じゃあ何で靴なでてるんだろう」
「これは、エレベータに乗ると襲われるんじゃないか」
とか色んな後ろ向き思考が頭をよぎり、
落ち着け僕、とりあえず身の安全を確保しつつ医者に連絡だと思って、
ドアから手を離すと、エレベータのドアは閉じ、上の階へ上がっていきました。
次に降りてきたときには、お医者さんとおっさんが一緒に乗っており、
女性は同じ建物内にある、別の病院へ連れて行かれました。
その間、すごい叫び声が聞こえていましたが…

そんな体調不良の時にはヘヴィな難関を乗り越え、目的の病院に到着。
さっそくベッドへ横にされ、綿棒を細くしたような物で、鼻の中をグリグリ。
いてぇんだコレが。

その後しばらく待っていると。
「出た!出たわ!」という声が遠くから。
そして、看護師さんが、「おめでとう、インフルエンザやわ」
おめでとうじゃねえよ!
「インフルエンザ用の点滴打つからな、寝ててもええで、起こしたるから」
と、2日連続の点滴。

点滴を打ち始めて5分ほど、まだ始まったばっかりなのに、
明らかにしんどさが軽減されていくのがわかりました。
点滴が一通り終わると、立ち上がるのすらしんどかった体が、
かなり楽になっていました。
この点滴すげえ!なんかきもちわりいなこれ!という感じでした。
頭痛とかダルさは、さすがに残っていましたけどね。

そして、向こう5日間は安静を要するという診断書を渡され、今に至るというわけです。

実に波乱万丈の一週間でした。
A型インフルエンザと言われましたが、新型だったのかどうか・・・
A型≒新型と言っても過言ではないとか言う話もありますが。

インフルエンザでの死者が増加中というニュースもあり、
確かにあの2日目の症状がずっと続いたら、死んでもおかしくないなあと、
身をもって体験しました。

みなさまも、お体には気をつけてー。

今度の冬は、インフルエンザワクチンを受けようと思いましたとさ。

| 近況報告 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:23 | - | - |









http://sheryl.jugem.cc/trackback/477
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
エクストラクション
エクストラクション (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・ウッテン,デニス・チェンバース グレッグ・ハウ, グレッグ・ハウ, ヴィクター・ウッテン, デニス・チェンバース
+RECOMMEND
Double Vision
Double Vision (JUGEMレビュー »)
Bob James and David Sanborn
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE

+ AmazonSearch

+ OTHERS
このページの先頭へ